ミニチュアのセラミック製ライトハウス&各種アクセサリで楽しむアートな夢の世界
ホーム | コテージ/アルプスの民家 > ミニチュアハウス【レアもの】アルプスに建つヤギ飼いのハウス(ミニチュアハウス+人のアクセサリ)
商品詳細

【レアもの】アルプスに建つヤギ飼いのハウス(ミニチュアハウス+人のアクセサリ)[4030338Set]

販売価格: 8,770円 (税込)
希望小売価格: 19,980円
数量:  個

<商品説明>

アルプスの高原に建つヤギ飼いの山小屋風ハウスをモチーフにしたミニチュアライトハウスです。ハウス正面に掲げられている看板 "Die Ziege Hutte" は「ヤギの山小屋」を意味します。つまり、アルプスの山岳地域にあるヤギ飼い族の住まいという意味につながるわけです。

オレンジ色の三角屋根が気分を落ち着かせてくれるような心地良い風合いです。ハウス構造のデザイン・それを最大限に引き立たせるような濃淡クッキリの配色・そのベースにあるセラミック製の質感、それらの相乗効果が発揮された逸品です。
また、悪天候対策の屋根補強留め具、出入り口ドア付近やハウス脇に立てられたミルク缶、積まれた薪(まき)など細部に至るまでアイデアに富んだ演出が随所に見られ、見れば見るほど楽しくなってきます。

ハウス正面右側のスペースは屋内飼育用のヤギ小屋になっています。木製扉の開閉口からは黒毛のヤギが半身を出して外を眺めていますね。ライトアップすると、そのヤギ小屋も内部から灯るようになっています。

アルプスのヤギ飼いの住まいを実にデザイン性豊かに表現した一品、実際にお手にした時の満足感を味わってください!


*** 本商品は人のアクセサリとのセット販売です ***
Department 56がこの「アルプスに建つヤギ飼いのハウス」と一対の組み合わせとして同時発表したアクセサリがあります。「子ヤギの世話をする子供たち」(#4030340)です。

冬のアルプス草原でヤギ飼いの子供たちがさまざまな種の子ヤギの世話をしている様が実に微笑ましいです。またベースの部分には、地面に生える草や解け残っている雪、そして横たわる一本の丸太まで、アルプス高原の自然を意識したデザインになっています。Department 56のアクセサリとして、ここまで特定のシーン作りに凝ったアイテムはそう多くありません。


【アクセサリ「子ヤギの世話をする子供たち」】 

 

大変お買い得なセット商品です!

<商品内容>

アルプスのヤギ飼いの山小屋風ハウスをモチーフにしたセラミック製ミニチュアライトハウス(Department 56)
商品名:Alpine Villageシリーズ The Goat Herder's House(ミニチュアハウス)、Kids With Kids(アクセサリ)
大きさ(cm):【ミニチュアハウス】17(W) x 12(D) x 15(H)、【アクセサリ】6.7(W) x 4.5(D) x 4.5(H)
付属品:ライトコード(ミニチュアハウス)
発表からリタイヤまで:【ミニチュアハウス】2013年1月〜2014年12月、【アクセサリ】2013年1月〜

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)