ミニチュアのセラミック製ライトハウス&各種アクセサリで楽しむアートな夢の世界
ホーム | アルプスの民家/レジデンス > ミニチュアハウス【店長コレクション:超レアもの】Weihnachten Glashutte(グラス・オーナメント・ファクトリー)
商品詳細

【店長コレクション:超レアもの】Weihnachten Glashutte(グラス・オーナメント・ファクトリー)[56234]

販売価格: 26,750円 (税込)
数量:  個

<商品説明>

アルパイン・ビレッジ シリーズのミニチュアライトハウスです。ヨーロッパ・アルプス地方ならではの独創的な建築デザインを繊細なタッチで美しく表現した作品です。

そして本商品は、アルプス地方にあるガラス工芸職人の工房をモチーフにしたミニチュアライトハウスです。

 

 

商品名「Weihnachten Glashutte(ヴァイナハテン・グラスヒュッテ)」はドイツ語です。
Weihnachtenは日本語で「クリスマス」、Glashutteは「ガラス工場」を意味します。ちなみに、商品パッケージに表記されている商品名にはカッコ付きで英語名 “Glass Ornament Factory” と記されています。
それらの名称から連想されるのは、クリスマスを前にガラス装飾品の注文で多忙を極めるガラス工房といった感じでしょうか。

 

【商品パッケージであるスリーブ(紙製のカバー))

 

【正面出入り口ドアの上部には “Weihnachten Glashutte(ヴァイナハテン・グラスヒュッテ)” の文字が】

 

 (ご参考までに)
この「Weihnachten Glashutte(グラス・オーナメント・ファクトリー)」には一対の組み合わせとして同時に製品発表されたアクセサリが存在します。「Making Beautiful Ornaments(魅力あふれる作品を目指して)」です。
ガラス職人の仕事ぶりを表現した作品で、Department 56のアクセサリ製品としては群を抜いて人気を博した一品です。細部にまでリアルさを追求したデザインが素晴らしく、じっと見入ってしまう完成度の高さは誰もが認めるところでしょう。
ちなみに現在では一般に出回ることすら珍しく、オークションサイトに出品されていたとしても元の小売価格の数倍の高値になるシロモノです。

 

【アクセサリ:Making Beautiful Ornaments(魅力あふれる作品を目指して)】

 

 

 

 

残念ながら本商品にこの「Making Beautiful Ornaments(魅力あふれる作品を目指して)」は含まれておりませんが、元々どんなアイテムと組み合わせてデザインされたのかを知ることも、ミニチュアディスプレイのイメージを膨らませることに役立ちます。

改めてライトハウス「Weihnachten Glashutte(グラス・オーナメント・ファクトリー)」の説明に話を戻すと、そのキメ細やかで華やかな出来映えの素晴らしさが十二分にお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

 

右側面の外壁にも注目です。
よく見ると、ガラス工芸の営みを表現した民族画のようなデザインが施されています。(↓)

 

 

 

こんな繊細なタッチのデザイン画まで入っているDepartment 56のライトハウスは大変珍しく、実に類い稀な一面をのぞかせます。美的鑑賞の対象としても申し分ないと言える力作ぶりは、一つのミニチュアライトハウスとして真骨頂を極めた感さえあります。

ヨーロピアンテイストをふんだんにお楽しみいただける、傑作中の傑作に挙げられる逸品です!
今や世界的に入手不可能な一品です。

 

【ライトアップについて】
「どこでもライティング」方式です。電池を使用することでライトアップする仕様です。
(単4電池4本を使用:電池は本商品に含まれておりません。ハウス底面に電池の装入口があります)。
コードレスなので、飾る場所を選ばずディスプレイ可能です。
Department 56ミニチュアハウスのライトアップは、付属のライトコードを使用するのが基本仕様になりますが、電源をとる必要があることや、ディスプレイ時にコードを隠すなどの煩わしさがありません。

 

<商品内容>

ガラス装飾の工房をモチーフにしたセラミック製ミニチュアライトハウス(Department 56)
商品名:Alpine Villageシリーズ  Weihnachten Glashutte(Glass Ornament Factory)
大きさ(cm):17.8(W) x 13.4(D) x 21.6(H)
付属品:どこでもライティング仕様用のキット
発表からリタイヤまで:2005年5月〜2007年12月

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
後面
(画像をクリックすると大きく見られます)
後面斜め上から撮影