ミニチュアのセラミック製ライトハウス&各種アクセサリで楽しむアートな夢の世界
ホーム | オールド・アメリカン > ミニチュアハウス【超レアもの】オッター・クリーク製材所(アクセサリとのセット販売)
商品詳細

【超レアもの】オッター・クリーク製材所(アクセサリとのセット販売)[56653]

販売価格: 19,740円 (税込)
希望小売価格: 25,300円
数量:  セット

<商品説明>

アメリカ発祥の地・ニューイングランド地方が誕生した時代をモチーフにしたのがニューイングランド・ビレッジ シリーズ。その時代背景にしてデザインされたオールドアメリカンな製材所のミニチュアライトハウスです。

樹木が生い茂る地域で営まれる林業の工場(こうば)をハウス調に仕立てたもので、その出来映えたるや、一つ一つ細かにミニチュア化された作風が素晴らしく見所が満載です。

商品名「オッター・クリーク製材所」は、ニューイングランド地方を構成する州の一つ・バーモント州に流れる川(Otter Creek=オッター・クリーク)にちなんでつけられました。

  

(商品パッケージを背後に撮影)

 

 

この「オッター・クリーク製材所」のデザインは実にユニークです。
2つの際立った特徴として挙げるべきは、正面左端にある水車とハウス正面右側にある製材の工場です。
バーモント州に流れる川の名前をとった作品であることを意識してか、水車の下には水路が流れているような演出でデザインされています。(水車は回転しません)
工場の方はインテリアシーンのようになっていて、内側に製材機が置かれているのがわかります。ライトアップすると、その存在がはっきりと確認できます。

 

 

 

製材の工場になっている建屋にはさまざまな工夫が施されています。
正面上部には“Lumber pick-up”と記された看板や工具(鎖や製材機に設置するノコギリの替え刃)が掛けられており、その下にはワンポイントでリースもあります。建屋の後面にもタイプの異なるノコギリ刃が掛けられています。
工場建屋の周りには、均等な長さに切り分けられた板材や木材が整理して積み上げられていますね。質感のリアルさという意味では先述の水車も然りで、それら精巧な作りを見れば見るほど所有感が満たされていきます。

 

真正面から見ると、こんな感じになります。(↓)

 

 工夫満載のバラエティーに富んだハウスデザインは必見です!

 

そして、ライトアップした時の見映えもお見逃しなく。
薄暗がりの空間で灯る様は、幻想的な美しさにも見てとれるでしょう。
小窓が多く配置された母屋は、明暗のコントラストが鮮明に映え、見る者をウットリとさせます。まさにクリスマスの雰囲気にピッタリと言えるでしょう。

 

 

Department 56のライトハウスとしては比較的コンパクトなサイズ、加えてどこか田舎風の柔らかい雰囲気が可愛らしくもあるハウスデザイン、それがニューイングランド・ビレッジ シリーズならではの特徴です。

本商品「オッター・クリーク製材所」は、ニューイングランド・ビレッジ シリーズのライトハウスとして最高峰の一つに挙げられる秀作でしょう。是非手に取って見回しながら、その出来栄えをご堪能ください。

 

 

 

★ 本商品はアクセサリとのセット販売です ★

ライトハウス「オッター・クリーク製材所」と合わせてディスプレイしたくなるアクセサリをセットにしてのご提供です。「パーフェクト・ツリー」をご用意しました。
クリスマスツリーとして飾るに最適なツリーを探索してきた親子を表現した作品で、森林のイメージによく合うアイテムです。

 

【アクセサリ「パーフェクト・ツリー」/56645】
超レアもの
サイズ(cm:高さ):6.4 

 

 

 

 

ツリーを伐採してきたこの親子が製材所のハウスに住む一家だと想像してみると、ミニチュアディスプレイのアイデアが膨らんできそうです。そうしてディスプレイのイメージを描いてみるのもミニチュアの世界の醍醐味なのです。

  

<商品内容>

オールドアメリカンの製材所をモチーフにしたセラミック製ミニチュアライトハウス(Department 56)
商品名:New England Villageシリーズ Otter Creek Sawmill
大きさ(cm):20.4(W) x 17(D) x 17.8(H) 
付属品:ライトコード
発表からリタイヤまで:2001年12月〜2003年12月

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
左側面
(画像をクリックすると大きく見られます)
背面
(画像をクリックすると大きく見られます)
右側面