ミニチュアのセラミック製ライトハウス&各種アクセサリで楽しむアートな夢の世界
ホーム | ヨーロピアンスタイル > ミニチュアハウス【店長コレクション:超レアもの】シャトー・バレー・ワイナリー(アクセサリとセット販売)
商品詳細

【店長コレクション:超レアもの】シャトー・バレー・ワイナリー(アクセサリとセット販売)[799926]

販売価格: 25,550円 (税込)
希望小売価格: 36,500円

<商品説明>

オリジナル・スノー・ビレッジ シリーズのミニチュアライトハウスとして史上傑作の一つに挙げられる大作です。
2008年〜2009年にのみ生産され、今や一般に出回ることさえ珍しく、Department 56発祥の地である米国のオークションサイトにおける売買相場は数万円にも達する超レアものです。

この「シャトー・バレー・ワイナリー」のデザインのコンセプトは、フランス南西部にあるボルドー(Bordeaux)地方、そこにある豪華なワイナリー(ブドウの栽培から醸造までを行うワイン醸造所)といったところでしょうか。

Department 56のライトハウスとしては、全シリーズを含めて横幅が最大級のサイズです。その実に斬新なハウス構造からしても唯一無二の存在感を放っています。見た目の強烈なインパクトはもちろんのこと、豪華さと落ち着いた雰囲気を漂わせる美しいライトハウスです。商品名にある”シャトー(Chateau)”はフランス語で「城、大邸宅」といった意味もありますが、まさにそんな印象を抱かせる素晴らしいハウスデザインです。

漆喰風の明るいベージュ系の色の外壁、ワインカラー色の屋根、それらのコンビネーションが絶妙で、ブドウ産地にあるワイナリーらしさを存分に演出しています。

外観を彩る細かな演出も手が込んでいます。ハウス周りには植木鉢に入れられた色とりどりのブドウの木が所々に配置されていたり、ツル属の植物が外壁にへばりついている様もデザインされています。大自然のなかに建っているであろうワイナリーのイメージを一層際立たせています。

細かな演出はそれだけではありません。
一番の見所、それはDepartment 56のお家芸とも言えるライトハウスのインテリアシーンならぬ、“エクステリアシーン”のデザインかもしれません。
1階にはワインボトルやグラスが置かれた試飲用のテーブルが、そして2階のバルコニーにはシャンパン用のテイスティングコーナーが設けられています。2階バルコニーにもテーブルが用意されており、氷で冷やされたシャンパンボトルとグラスが置かれています。実にリアルで心憎いまでの演出、そんな風に表現してしまうのは大袈裟でしょうか。

それからもう一点。
このライトハウスには、Department 56の製品では定番である積雪をイメージした白い部分のデザインが全くありません。そのため、飾る季節を選ぶ必要なく通年でディスプレイを楽しめます。他に抜きん出たデザインを誇る逸品を、シーズンに関係なく飾ることができるのは、楽しみの幅が広がり実に喜ばしいことです。

末筆ながら、材質にも触れておきましょう。
Department 56のライトハウスやアクセサリは、ごく一部を除き総じて陶磁器製で、より細かく言えば大方が「磁器(porcelain)」の類になりますが、本商品は「陶器(earthenware)」になります。平たく表現すれば、同じ陶磁器製でも陶器の方が磁器よりも“土器”に近いということになります。
そうした意味でも、他の大方のライトハウスとはチョット違った質感をお楽しみいただけるかもしれません。

本商品はアクセサリとのセット販売です。
この「シャトー・バレー・ワイナリー」とのベストマッチングとしてオススメできるアクセサリ「五感で楽しむテイスティング」をセットにしてのご提供となっております。
(同アクセサリの詳細については、下記にある関連商品のリンクでご確認いただけます。)

 

【アクセサリ「五感で楽しむテイスティング」】


いかがでしょう。遠いフランスのボルドー地方にあるワイナリーの風景、そこで味わう本場ワインの美味・・・
そんな空想にふけってしまうのです。

 

<商品内容>
ワイナリーをモチーフにしたセラミック製のミニチュアライトハウス(Department 56)
商品名:The Original Snow Villageシリーズ Chateau Valley Winery
大きさ(cm):34.5(W) x 23.5 (D)  x 22(H)
付属品:ライトコード、ハウス装飾用アクセサリ(頭頂部の装飾品)
発表からリタイヤまで:2007年12月〜2009年12月

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)